FC2ブログ
古典SF-RPGトラベラーシリーズの話題ほか、いろいろ

トラベラー狂会 ルルイエ支部

米国海兵隊のドクトリン
芙蓉書房出版
北村 淳・北村愛子編著

 実際に米海兵隊で使用されている米国海兵隊ドクトリン全書(全6巻10冊)の1冊目、MCDP-1 Warfightingを翻訳した第1部と、そもそも米国海兵隊とはどういう存在なのかを解説した第2部とに分かれている、米国海兵隊を知るための本。

 第1部のWarfightngは、戦争の本質、戦争の理論、戦争に対しての準備、戦争の遂行の4章から構成されており、米国海兵隊が戦争をどのように理解し、体系化し、準備し、遂行するかの概略を説明したものである。このWarfightingは全ての海兵隊員が読み、理解し、行動の規範とすべきものと規定されているようだ。なお、残りの9冊以下の通り、なにぶんにも量が多いので読むのが大変(文章自体は非常にわかりやすい文体で書かれているが・・・)。

MCDP 1-0 Marine Corps Operations
MCDP 1-1 Strategy
MCDP 1-2 Campaigning
MCDP 1-3 Tactics
MCDP 2 Intelligence
MCDP 3 Expeditionary Operations
MCDP 4 Logistics
MCDP 5 Planning
MCDP 6 Command and Control

 第2部は、実際の米国海兵隊員とはどういう人々なのかと、米国海兵隊の組織構成や装備、および、軍事戦略の根本原則である「機略戦」についての解説の3章仕立てだ。
 読んでいて一番面白いのは最初の「Marines」の章、なんでも、米国人の持つ海兵隊に対するイメージは、常在戦場のサムライ(ただし、アメリカ人的な理解による)ということのようだ。まぁ、この本の記述を読む限りでは、そのくらいのストイックさを持った人々であるようだ。
その一例として、戦場で従うべき規範である、「行動規範」(Code of Conduct)の、全軍版と、海兵隊版も記載されていて、例えば、全軍版が
 

1.私は、祖国とわれわれの暮らしを護る軍隊に所属して戦う米国人である。私は、それらを護るために命を投げ出す覚悟をしている。


これの海兵隊バージョンは
 

1.私は海兵隊員ある。祖国とわれわれの暮らしを護るために、私は戦い、必要とあれば命を捨てる。


 となってしまう。他にも、他の軍人であれば勤務時間以外は一市民であることを許されるのに対し、常に24時間365日常に海兵隊員であることを要求されたり、司令官も含め全員が毎年ライフル検定に合格を義務付けられる(検定不合格だと徹底的な矯正訓練が待っているらしい・・・)など、そのストイックさは半端ではない(訓練自体も厳しいけれど・・・知らない人はフル・メタル・ジャケットの前半を見るように)。ちなみにサムライの魂は刀だけれど、海兵隊員の魂はライフルとのことだ。
 あとの2章は、海兵隊の組織構造の解説と、戦術ドクトリンである「機略戦」の解説で、どちらも、入門書としては十分な内容となっている。

 ん?トラベラーと何の関連があると?そら、帝国海兵隊のモデルが米国海兵隊だから、ということで・・・。
 もっとも、トラベラーの海兵隊は、この本で解説されている現代の海兵隊というより、発足当初の18世紀の海兵隊がモデルではないかという気がしているが・・・(なにせ、必ず身に付けさせられるスキルが<カトラス>だし)。
スポンサーサイト



| その他関連出版物 | 03:38 | トラックバック:0コメント:2
Ttraveller 1248 Bearers of the Flame
Comstar Games

Traveller 1248という、もうひとつのTNEソースブックのその2。なにげに投売りしていたのを入手。本来の(GDW版)TNEでは、帝国が完全崩壊していたが、こちらではかろうじて生き残り、第3帝国の後継として第4帝国が成立しているという筋書きのよう。もちろん生き残っているとはいえかつての領土が保持できているわけも無く、ガシェメグ宙域とその周辺エリアが現在の領土という体たらく。それ以外の旧帝国領については、幾分差はある(デネブ領域あたりだいぶ違っているっぽい)ものの、本来のTNEに近い状態に収まっているという舞台設定となっている。

 本書は、そんな、もうひとつのTNEにおける第4帝国を解説したソースブックである。構成としては、第一章が全体(かつての帝国全土および周辺領域)の背景解説、第2章から第5章がガシェメグ、ダグダシャグ、イレリシュ、ザルシャガルの各宙域解説(帝国領およびその周辺)、そして、第6章が第4帝国の解説となっている。

まずは、第一章、ここではこのシリーズでの基本的な背景情報(歴史、ウィルス、宇宙船、etc.)の解説がなされている。おそらく、この章は、同じシリーズの他のソースブックでもほぼ同様のものとなっているのではないかと思われる。最初の、歴史の部分には、太古から現在までの略歴が記載されていて、もちろん、いうまでもないがGDWでの歴史とは異なるものとなっている。続いて、いくつかの背景情報(通信、ジャンプミサイルやジャンプボート、ウィルス、宇宙船の建造、デザイン、etc.)が示されている。宇宙船デザインの節では、この時代の宇宙船の分類が記載されているのだが、駆逐艦クラス以下の艦船は第3帝国末期とそれほど大きな差はないのだが、巡洋艦以上の艦が軒並み小型化している。何せこの時代の戦艦や弩級艦は第3帝国時代の重巡クラスの大きさ(6万トン以上~10万トン未満)しかなく、10万トン以上の艦は超弩級艦に分類されている。

次の第2章から第5章にかけては、章毎に各宙域の地図およびUWPリストの後にその宙域での代表的な政体の解説が続く形となっている、ほぼ全域が第4帝国の領土となっているガシェメグ宙域以外の各宙域にはそれぞれ3~4の代表的な星間国家群が存在しているようだ。各国家の解説は簡単な概略(成り立ちや、現状)と軍備の概略説明があるくらいで、個々の世界についてはほとんど説明がなされてないが、UWPのリストを見る限りではかなりボロボロな状況となっている模様。なにせ、第4帝国内でも、タイプAやBの宇宙港は数えるほどしか残っておらず、帝国外ではCタイプ宇宙港ですらまれ、よくてタイプD宇宙港がせいぜいといった状況、それに加えてかなりの世界が無人化してしまっている(厳密にいうと必ずしも無人とは限らないのだが・・・)。

最後の第6章は、全体の1/3近いボリュームを占めるほどのもので、第4帝国の貴族制度を始め法制、軍制などかなり広い範囲の情報が網羅されている。もちろん、軍制については帝国3軍のそれぞれについて、組織や、階級、装備、編成など多くの項目についての説明がある。例えば、海軍の例でいくと、それぞれの兵科の兵士や仕官の果たす役割、参謀や提督の解説、装備品や、各艦種の解説、海軍組織、任務といった具合だ。各艦種の説明は簡単なものとはいえ、主力艦から各種補助艦、雑役船まで網羅されているため、艦隊編成を考える上でかなり参考になるであろう。企業の項には、ジェネラルプロダクツや、リングスタンダードプロダクツ、スターンメタルホライズンなど、第3帝国時代のメガコーポレーションの名前がいくつか確認される。

なお、このシリーズは現在 Sourcebook 4まで発売されている、残りの3冊は下記の通り。詳細はここで確認すること。特にゲームシステムに依存しない作りとなっている(要するに各世界のUWP以外の具体的データはない)ため、どのシリーズでも使えるが、使用システムとしてはやはりTNEが向いているのではないかと思う。

The New Era 1248 Sourcebook 1 Out Of The Darkness
The New Era 1248 Sourcebook 3 Spinward States
Traveller 1248 Sourcebook 4 Freedom Leagues
| その他関連出版物 | 02:00 | トラックバック:0コメント:0
More Guns!
BTRC

BTRC社製のマルチシステム対応銃器サプリメント、タイトル通り(?)多数の追加銃器データを提供するサプリメントである。対象となっているゲームシステムは、MegaTraveller、TimeLords、CORPS、TORG、CyberPunk、Twilight2000、GURPS、そしてHERO Systemの8つとなっている。

取り扱われている銃器は、古代のマスケット銃や、フリントロック銃から、第一次、第二次対戦中の軍用ライフル、現代の銃器、さらに架空の銃器(近未来及び小説などに登場した物)と多岐にわたっており、メジャーな銃器はほぼ網羅されている模様(さすがに旧日本軍のものは入っていないが・・・)

銃器分類は、TL毎に、ピストル、マシンピストル及びSMG、民間用ライフル、軍用ライフル、ショットガン、機関銃、重火器、その他に分類されており、前半がTL毎の銃器詳細説明、後半が各ルール毎のデータ集となっている。また、銃器だけでなく、剣などの接近戦用武器も記載されているが、そちらのほうは、ゲームシステム毎にリストアップされているものが異なっているようだ(MT分はなかったりするし・・・)。

リストを眺めているだけでも楽しめるし、装備品のバリエーションを増やす(といっても銃器限定だが・・・)ためにも有用な一冊だと思う。

なお、銃器マニアのプレイヤーにこんなものを渡すと、銃器漁りでしばらくプレイが止まってしまう恐れがあるので注意すること。
| その他関連出版物 | 11:08 | トラックバック:0コメント:0
TRAVELLER HANDBOOK
1987年 HobbyJapan 安田 均著

目次
『トラベラー』日本語版ラインナップ(カラーページ)
「はじめに」
第一章 レフリーとプレイヤーの行いかた
第二章 シナリオの作り方
第三章 キャンペーン・ゲーム
第四章 ”続・黄昏の峰へ”リプレイ
特別付録シナリオ 「侵略の夜」

元々『タクテクス』誌No.17~40に連載されていた「ロールプレイング・ゲーム入門」を元に大幅に加筆・訂正したもので、唯一のトラベラーの入門書/解説書。

トラベラーをプレイするにあたり必要な事柄についてほぼ網羅されている。

なお、おまけシナリオは、「初心者向けではないが、特別難しいものではない」とされているけれど、まともにやるとかなり厳しいと思う(時間制限もきついし・・・)。

| その他関連出版物 | 21:38 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

ナイR@TEP

Author:ナイR@TEP
トラベラーシリーズに手を出してはや20年以上になりました。
ここ何年もプレイする機会に恵まれないけど、またやりたいなぁ・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク